その会社で重要なポストに就く

人事担当者は、選択に到るステップのどこかで必ず相談を行います。相談を突破しなければ、選択にこぎつけることは先ずありません。会社によっては適切見立てやライティングスタートが行われますが、その人がどんな人で、どういった考えを持っているかは導き出し知れません。ストレート会って話をすることで、その人がどういったセオリーをやる人間なのかを判断するのです。オーナーや、船長など、その会社で重要なポストに掛かる人間が相談に現れることもあります。最初は人事担当者との相談、次は船長や次長との相談、最後にオーナーやエグゼクティヴとの相談という形で相談が貫くこともあります。さらに、相談官とお客様が一対一ということもあれば、3対3などそれぞれが複数ということもあります。4~5人の採用担当者が、1人間に対して立ち向かう相談もあります。どんな場合でも、相談官傍らが質問し、それに対して回答するという姿になります。相談で問われることは、希望事由、どんなことに興味を持っているか、学生時代に何をしたかです。少数の階級をつくり、各階級ごとに討論をしてもらう階級対話形式で、お客様を先ずふるい落とすような団体もあります。相談のフロアで奪い取りられる絶頂は、その企業によってまちまちです。そのため多くの人は、事前にその傾向を調べておき、試合にそなえて戦法を練っています。