北の尾崎

日本では、アンダー毛のおもてなしはいまひとつ行われてきませんでした。しかし、異国ブルジョワがアンダー毛の抜毛をやることを公言した内から、日本でも執刀を行なうやつが増えてきています。アンダー毛の抜毛のことを、ハイジニーナと呼びますが、ハイジニーナとは小ぎれいという意味があります。メンスの出血が毛髪に付着してにおいや蒸れといった誘因になっていましたが、ムダ毛がなくなる結果それが解消され、いつでも衛生的な状態を保つことができるためです。
ハイジニーナを部位に分けると、ビデオテープ分け目、O分け目、I分け目の3つになります。ビデオテープ分け目は正面から見た場合ビキニでうずまる近辺で、O分け目は肛門の周りのことを言います。I分け目はビデオテープ分け目とO分け目の距離、つまり女子箱の周辺のことを指し示すメッセージだ。I分け目は普段自分では相当見分ける機会がありませんが、華奢箇所を守っているために、自分が思っているより多くの毛が生えてくる。理想のシルエットはうっすらと生えることを待ち望む人が多いですが、こういう部位の毛髪がトップメンスの出血が付着しやすく、メンス中頃の違和感を増大させる原因となっていることも確かです。最近では、かなり毛がない有様を理想のシルエットと始めるやつも少なくありません。毛がない結果清潔な状態になり、肌着やスイムウェアから毛髪がはみ出る心配もなくなります。アンダー毛を脱毛するときも、I分け目とO分け目の毛髪はすべてなくして、ビデオテープ分け目の毛髪を少し残すようにするのが人気です。