河本で安田

少々昔の話ですが、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入ると世間的に認知されていた節があります。しかし、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入る専門職であることが、よく知られるようになっております。というのも、看護師の得られる給料は、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯の維持が可能なほどなのです。今更言わずと知れたことではありますが、確実に高給を得られる専門職なのです。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。単にパートの時給としてみると良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。病棟勤務の看護師は2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤においては現場から医師や看護師も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中で腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。なにしろ、女性はすぐにグループを作って顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で働く場所を変えようとするケースもあるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院でさらに能力をアップさせたいと願う、チャレンジ精神からきた動機です。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった看護師もいたのです。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、病院によりますが、残業代がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、報酬を得なくてはなりません。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、業務を行なう上で必要な事柄を勤務終わりの人が勤務始めの人に説明を行います。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話すことが大事です。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも当たり前のように期待されます。看護婦はハードな仕事と言われていますが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りもしやすいはずです。こういった事例は増加しています。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も注視されていることを、知っておきましょう。人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、しんどさを覚える場面も多いはずです。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどうしようもなく疲労を溜めてしまい、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では確実に、看護師の方が上回るといいます。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく需要が途切れることなくあります。そのため、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という役得もあるようです。ところが、高給を得られる職業ではありますが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。看護師としての勤務は、異業種に比べると高給です。だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりというようなことがあるようです。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。とは言え、近年においては再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が徐々に増えつつあるようです。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。最近スマホやPCで閲覧可能となっている求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。働く時間を、自分である程度調整でき、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、今現在、仕事を探している人はできれば、派遣で働くということも考えて求職してみても良いのではないでしょうか。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。そうなってくると、医師と看護師もさらに多く必要とされていますが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職先に困ることはない、という利点を挙げることができます。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。今いる職場において、そこでの希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える「看護師」を使うことで一元化しました。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復した患者さんが退院していき、その上、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分看護師はもう辞めたい、などと考えるだろうと思います。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。求められるスキルもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。多くの方が看護師を続ける動機として欠かせないものに年収が高いということがあります。卒後間もない看護師の場合も、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高い給与を得ていることが分るはずです。そうはいっても、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、うっかりミスなどが無いようにしましょう。同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。看護師を養成する学校というのはいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療の仕事を行う人々というのはますます必要とされる可能性があります。ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなくやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。