横溝の西野

不倫というのは一生続けられるものではありません。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、心の底から安心して幸せになるという到達点は、求めてもムダというものでしょう。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、素人が浮気の証拠をつかむことは、至難の業です。ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。もし浮気の確証がもてるようなら、探偵を雇って調査してもらいましょう。ある程度、費用は必要ですが、体の関係があると思われるような写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。当事者としては悪気はなくても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、けして安くはありません。もっとも、パートナーの対応によっても変わるでしょう。しかし、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰藉料を請求されることだってあります。軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にしてこれからを生きていかなければなりません。探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが大事です。たとえば、配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくる場合が多いからです。未成年の子がいて離婚する場合、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると親権が得にくいという話が蔓延しているようです。でもそれは、絶対的なものではないのです。基本的に親権というのは、日常生活を共に送れているかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを重くみる傾向があります。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかがカギなのです。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が再燃したことがわかるわけです。もともと最初の浮気への対応が手ぬるかった可能性も高いので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が必要なのではないでしょうか。再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、学生時代のノリで異性であることをあまり意識しないため、その時の出会いは普段より運命的に感じられるのだとか。クラス会や同窓会後に相手の様子がおかしければ、浮気を疑ったほうがいいでしょう。浮気の定義は、その人の倫理観によっても違うでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気扱いする人もいますからね。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、結婚生活に波風を立てないためには、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えるべきでしょう。パートナーの不倫で悩んでいるなら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、そのような業者が行う無料相談を利用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、見聞きもしたことのない業者に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり不安でしょう。リスク軽減のために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。浮気が判明したら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、なかなか話がつかないことが多いです。裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうと負担も軽くなるというものです。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、女性だって浮気するじゃありませんか。町内会や仕事先。子供や自分の習い事。人妻だって出会いのチャンスはたくさんありますし、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが多くなっているようです。きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、不倫の慰謝料を求めるのが、よく効くようです。不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させることができるのなら、ぜひやってみるべきです。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。それには証拠固めが不可欠ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、気の済むまで相手を追い込んでやることができますからね。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。不倫する人というのは明るそうに見えても、鬱状態の人が少なくないようです。考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを持っている時間が長くなり、それがウツにつながるのですね。その一方で、不倫された配偶者の方も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。大抵の人間はウソをつくとき、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。また、少し訊かれただけで、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。隠し事があればあるほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘はすぐ判別がつきます。不倫をやめた原因としてもっとも多いのは、パートナーにバレたからというものです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、探偵や興信所などノウハウのあるところに怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。浮気があったがために当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、とうとう家裁での離婚調停となるケースは少なくありません。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで話し合いが行われるため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、SNSから浮気が露見してしまう場合も増えているのです。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っている可能性が高いです。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫をしているかどうかの判断材料になるかもしれません。このごろは技術が進み、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に把握できるようになりました。GPS機能つきのスマホをプレゼントすれば、相手の現在位置がわかるのです。法律に触れることはないので、相手の不倫を自力で見つけたいときは便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかもしれません。しかし、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、長期間にわたる調査が必要な場合は断るときもあるそうです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵社に見積りしてもらうことを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査の無駄を省くことができ、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。浮気を証明する写真といったらやはり、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面につきるでしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースがあります。裁判所で証拠採用されるようなクオリティで入手したいのだったら、探偵業者を利用するほうが現実的です。パートナーの浮気に気づいたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。個人が不倫の尾行をしたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵業者に依頼することも検討するといいでしょう。主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。それは、相手の言動を否定しないこと。要望やお願いはいっぱいありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、女らしいふるまいを心がければ家庭内も円満で浮気される心配もないと考えています。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが実は結構多いのです。自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに辟易するのです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、後ろめたさも手伝って、ついに別れることに積極的になるでしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると言うのです。ただ、裁判となれば裁判費用が要ると聞いたことがあります。あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかとアドバイスしたんです。なんだか妙に納得されました。浮気の事実が判明し、離婚のための裁判になると、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。よくあるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが証拠として採用されることが増えました。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。あとになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。夫婦関係に嫌気がさしたからといって、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。そのようなことで解消するとは思えませんし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。冷静になって悔やんでも始まりません。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、クビにするというのはできないのが現実です。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、社内の秩序や風紀をみだす畏れという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、処罰といえるようなものはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能です(民法779条)。いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、とても重要な手続きです。浮気だからと認知に消極的なときは、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。そんなことになる前に不倫関係を絶っておかなかったら、家庭のライフプランが大幅に狂う被害も生じかねません。