メルビンと入江

忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。結構見落とされることが多く、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、という悲劇は後を絶ちません。引っ越しが多い時期だと開通に数週間かかることも珍しくありません。いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早めにしておくのが鉄則です。引っ越しが一段落つきましたが、準備で疲れてしまったのは確かです。マンションの高い階に住んでいたため業者さんに大きい荷物をおまかせしました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、業者さんに頼まなかったものは自分で計画を立て台車に載る分だけ転居先に運びました。本当に、台車にはお世話になりました。転勤で職場が遠くなったので、とか家族が増えたり減ったりした、などの理由で今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。この際だからと、不要なものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。自分になじんでいるものなので引っ越しを機会に新しくすることもあまりないようです。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器は数も多く、とても面倒です。お皿やグラス類は割れ物なので、慎重に包んで詰めていかないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。近頃、薄いガラスの食器が人気を集めています。そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、梱包全体に厳重な注意を払うと相当気持ちは楽になります。どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。それから転入する市区町村の役所に行き、転入の手続きをします。転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入先での手続きができないことにも気をつけないといけません。忘れると大変なことになってしまうので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、引っ越しするということは、生涯の中でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。引っ越し当日はみんな忙しいのに、いろいろな仕事が集中したときにどこかに番狂わせが起きると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。引っ越しも一家で行おうとすると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは済ませておけば安心できます。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは荷物の中でも目立つようにして、使いやすくしておいた方が良いでしょう。引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによって違うのが当たり前のようです。日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、どんなことをしても費用は安くなりません。当然ながら、土日とか祝日の引っ越しも高額の設定をされています。引っ越しする時期や曜日は、そう簡単に変えられないことが多いでしょう。丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、費用を少しでも抑えていくべきです。引っ越しで、荷物をまとめる際、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。包み方にもコツがあります。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、一個ずつ底から包むのが基本です。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと衝撃を和らげてくれます。それから、持ち手のついた食器類などあれば、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面はたとえ全く同じ引っ越しだったとしても引っ越す時期によって決まります。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため大半の業者は費用を高目に設定しています。時期が選べればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できると費用もサービスもお得になります。閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。自分の周囲に大変な数のものがある生活を送っているとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは全て荷造りできるのかということです。ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すればその後の生活が変わっていくでしょう。新居を建てて、数年前にマンションから引っ越しました。何といっても、デスクトップパソコンの移動に神経をとがらせていました。実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときなかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、もう使わないものが大半だったのでため息が出ました。奥の方から出てきた服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。引っ越しが良い機会になって不要なものを片付けることができて、自分の持ち物も、自分の心も余計なものがそぎ落とされました。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいよく知られた存在になりました。引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという先入観がありました。しかし、最近は運送会社がどんどん一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。日通のように、運送会社の中でも大手であればサービスもしっかりしています。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考えなければなりません。もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするためのやりとりを進めなければなりません。取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、転居後すぐに電話回線を使うことはできません。引っ越しを決めたらできるだけ早めに必要な作業を進めていきましょう。今の家に私たちが引っ越したとき、子供はちょうど1歳でした。話すことはできなくても新しい環境に慣れるまでの間、ちょっと戸惑っているのがわかりました。引っ越したときに、子供のものについても片端から仕分けて捨てることになりました。仕分け作業のときに出てきた母子手帳を初めから読んでみました。一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら一般向け引っ越しパックではなく単身者向けパックを利用してみると費用もコンパクトにできます。多くは専用コンテナに荷物を収めるので、少しの荷物しか運べないという先入観をもたれますが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。コンテナに収められなかったものがあれば同じ業者の宅配サービスを利用してください。引っ越しは何度も経験してきました。どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。引っ越し直前というのは、気力も体力も消耗するので引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても温かいお風呂にじっくり入って疲労を回復させたいのです。そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば一息つけるからです。忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、当然、不要品が出てきます。処分するだけでも疲れてしまいますね。そこで、ちょっと確認してほしいのは不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。電化製品などは、業者によっては粗大ゴミとして有料で処分するものをリサイクルということでただで引き取ってくれることもあるので、必ず調べてみましょう。引っ越しの前にすることとして、全ての手続きの元になるのが市区町村役場への、転出届の提出です。複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵送でも手続きできます。転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を持参した代理人が提出することもできます。転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる自治体がほとんどです。無駄なお金を一円でも使いたくなければおよその見積もりを出してもらってから、引っ越し業者を決めるべきです。業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、来てもらう時間を取れない場合は荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えればいくらくらいかを教えてもらえます。他社との比較をすることで他より安い値段で引き受けてくれることもありますからどうにか時間を作って5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。どこにいても買うことはできますが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでにこうした梱包材を無料で持ってきてくれることもあります。契約成立でもらえるものが、結局ダブってしまったと後悔しないよう、見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内を空にして、電源を切っておき、水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくと他にやることはありません。ですから、庫内のものは前日までに食べきれるようにして、冷蔵庫で保管するものは買わないようにしてしばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートに引っ越したのです。最初の考えでは、3年くらいいたら実家の近くで仕事を見つけるつもりで、住民票の移動をしないでおきました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞めるタイミングが見つからず、結婚の話も進んできました。実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。自分にとって、業者に依頼した引っ越しを初めて行ったので最初の電話から、緊張の連続でした。ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、全く問題なく引っ越しを終えることができました。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもヤマト運輸の利用を考えています。毎日快適に生活するために必要な環境は、家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。近所との関係も住環境を構成しています。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日中に終わらせましょう。必ず、何か手土産を持って挨拶に伺いましょう。簡単な挨拶で構いませんから、印象を良くするよう気をつけましょう。はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。世帯の大小に関わりなく引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、有料のところもあるので、必ず確認してください。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、無料でダンボールを分けてもらえます。そうなるとサイズが揃わなくなります。車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同一サイズでない場合、計画的に積んでいく必要があります。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。荷物を搬入して新居に入り、玄関の明かりをつけたとき、「ここが新しい家なんだ」とジーンときました。その後、思い切って奮発し、ちょっとぜいたくをして宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意してみんなでささやかな乾杯をしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。どんな引っ越しでも同じなので必ず行ってきたことですが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。引っ越し経験は私にもありますが、簡単な手続きをすれば解約はできます。きちんと解約手続きを終わらせないと転居後に使われた分も請求されてしまいます。確実に終わらせてください。その場合は、転居していても月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。都会のマンションやアパートでは、最近は隣や上下に住んでいるのはどんな人か、はっきりしなくても何とかなるというのがごく普通になっています。それでも、日常の挨拶や何かあったときにはお互いに助け合えるというつながりがあった方が良いでしょう。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。